キャッシングで過払いになる金利とは

キャッシングを利用した人の中には、過払い金があるかもしれない人がいます。過払い金という用語を知らないままに、長年キャッシングを使っていたという人も、多いといいます。払いすぎたお金を返してほしいと思うなら、キャッシング会社に対して、過払いの返金の申し立てをすることがてきます。キャッシングを利用した時に、金利がある程度の高さで返済をしていた人に限り、過払い請求が認められます。では、キャッシングでいくらの金利で借りていると過払いになるのでしょうか。出資法では、貸金業者からお金を借りる時の金利の上限を20%としています。法令を遵守してキャッシングの融資を行う場合、出資法を守るなら金利は20%以下ということです。けれども、キャッシングの過払いは、出資法で定めた金利設定ではありません。キャッシングの金利を決めている利息制限法では、借り入れ金10万円未満20%、10万円以上100万円未満18%、100万円以上15%です。もしも、キャッシングを利用した時の金利が利息制限法の金利より高くなっていれば、法律に反した行いとなります。罰則はありませんが、払いすぎた分は返済する必要があります。今までグレーゾーン金利と呼ばれていた、利息制限法と出資法との間の金利で融資を受けていた人は、過払い請求が可能な可能性があるわけです。キャッシングを利用するときには、借入先のキャッシング会社が利息制限法をきちんと守っているかどうかもチェックしてから借り入れをしましょう。万が一、利用しようと思ったキャッシング会社の金利設定が、利息制限法どころか出資法も守っていないようなところであれば、違法な金融会社である恐れがあります。