グレーゾーン金利とキャッシングの過払いについて

ここ数年、インターネットや、テレビコマーシャルで、キャッシングの過払い金請求についての宣伝を目にするようになりました。2010年まで、キャッシングにはグレーゾーン金利と呼ばれる違法とも合法ともいえる中途半端な金利帯があり、その金利で融資を行っているキャッシング会社も存在していました。今では、利息制限法より高い金利で返済をした分を、過払い金と呼んで、返金の対象になっているのです。少なからずの人が、キャッシングの返済の中で、過払い金をずっと払っていたことを知らないという人がいるようです。過払いしているのであれば、キャッシング会社に対して請求を行って、取り返せる可能性があるのです。既にグレーゾーン金利は認められていませんが、それ以前にキャッシングの手続きをしていた人は、今でも高い金利で返済を続けている可能性もあります。返済が終わっている状態で、過払い分の請求をすることについては、自分が不利な状況になることはまずありません。けれども、キャッシングの過払い請求をして、精算し直しても、借りたお金を返し終えない時は、信用情報に記載されてしまいます。キャッシングの過払い請求ができるのは、直近の返済日から10年までで、それ以降は過払い請求の手続きをしても、無効になります。キャッシング会社の中には、過払い請求に応じたくないためにあれこれと要求をつけてくることがあり、そうなると請求手続きも大変です。請求額が大きくなる場合には、司法書士や弁護士に対応を依頼すると、報酬を差し引いてもより大きな金額を取り返せる場合があります。過去にキャッシングの融資を受けたことがあるならば、過払い請求が可能かどうか、貸付条件を確認してみるといいでしょう。